内出血しやすい人には特徴があった!?アザができにくくなる方法5選!

『ちょっと強くぶつけたらすぐ内出血ができる・・・。』

青紫で痛々しい内出血。

青タンとも言いますが、わんぱくな子供ならまだしも大人の女性だとちょっと恥ずかしいですよね。

私や私の母もすぐ内出血ができるのですが、「か弱いからよね~」と軽く済ませていました(笑)
ですが内出血ができやすいというのは、血管が良くない状態であることのあらわれでもあるのです。

なぜすぐ内出血してしまうのか?その原因と改善方法を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

内出血が起きやすい人の特徴とは?

皮膚が薄い

こちらの記事(内出血を早く消すにはどうすればいい?できたアザを上手に隠す方法も紹介!)でも紹介しましたが、内出血とは何らかの衝撃により皮膚の下で血管が破れ、血が漏れ出ている状態です。

ですから皮膚が薄いとぶつけた際の衝撃が血管にまで及びやすく、結果としてあざができやすくなります。

男性に比べて皮膚の薄い女性に内出血が起こりやすいのはこのためですが、少しぶつけただけでもすぐ青あざができる人は毛細血管に原因があることが多いです。

毛細血管の血流が悪い

通常、血管壁には弾力があり、衝撃を受けたからといってすぐ破れて血が漏れ出たりはしません。ところが、血流が悪いところは血管そのものの酸素や栄養が不足してしまい、弱く破れやすい血管になってしまいます。

内出血は細くて弾力のない毛細血管に起こりやすいので、血流の悪い人は内出血しやすいと言えるのです。

血流が悪くなる原因としては、

  • 糖尿病や高血圧、高脂血症などの病気
  • 加齢
  • 運動不足や喫煙などの生活習慣
  • 偏った食生活

などが挙げられます。

また、血流が悪くなり血管がもろくなると、内出血が起こりやすいことに加え、血液を固める力も弱まる傾向があるため、内出血が消えるまでの時間も長くなると考えられます。

他には・・・

遺伝など生まれつきの体質であざができやすい人、疲労ストレスダイエットなどで胃腸の働きが低下している人も、内出血を起こしやすいと考えられます。

毛細血管を強くして内出血しにくくするためには?

内出血が起こりやすい人は毛細血管の状態が良くないということがわかりました。では毛細血管を強くするためにはどうしたらよいのでしょうか。

運動をする

毛細血管は

外膜→中膜→内膜

からなりますが、運動不足の人ほど血管の一番内側にある「内膜の壁」が脆く・硬くなっています。よく言う「動脈硬化」もその一種です。

毛細血管は1番内側に位置する「内膜」が特に発達している器官なので、運動不足により内膜が脆く・硬くなってしまうと毛細血管自体も弱くなってしまうのです。

そこで内出血のリスクを下げるためには、適度な運動を継続することで血流を良くし、内膜本来の弾力性を取り戻していく必要があります。

また、トレーニングをするときは筋肉量の多い下半身を重点的に鍛えていくと効率がいいです。

入浴やマッサージで血流を良くする

コリが強いところ・疲れがたまっているところは、血流が悪くなっている場合が多いので、しっかりお湯につかって温まり、全身の血流を良くしてあげましょう。

首の付け根や骨盤周りは太い血管が通っている所なので、そこにシャワーを当ててあげ、集中的に温めて、詰まりを取ってあげるのも効果的です。

また、リンパの流れをよくし老廃物を排出するマッサージもオススメです。(参考:老廃物を流してスッキリ美脚に♪エステティシャン直伝!むくみ改善&セルライト撃退マッサージ

タンパク質をとる

爪や皮膚、髪の毛と同様血管もタンパク質から作られます。運動不足と同時に現代人は体を作る原料である「タンパク質」が慢性的に不足しています。

女性に多い「肉が苦手で野菜がメイン」という方は典型的なタンパク質不足だと考えられます。そこで、普段の食事では積極的に

・赤身の肉

・魚(マグロ・カツオ・サケ)

・納豆

・卵

などの高たんぱくな材料を意識して食事を摂っていきましょう。

ビタミンCを積極的に摂る

ビタミンCはコラーゲンの生成に大きく関係しています。コラーゲンは血管の壁にも存在しているので、ビタミンCが不足するとコラーゲンも不足し、血管も弱くなってしまうのです。

また、コラーゲンが不足するとお肌のハリが低下し弾力もなくなりますので、打ち身ができやすくなります。

ビタミンCは果物野菜に多く含まれていますのでこれらを意識的に摂るようにしましょう。また、一度にたくさんとっても代謝されてしまうので、継続して摂取することが大事です。

毎日摂るのが難しければ、サプリメントを補助的に利用するのもいいと思います。

消化の良いものを食べる

普段はそんなことないのに、最近なぜか内出血しやすいし体もだるい・・・。そんなときは胃腸の働きが低下している可能性もあるので、食べ物にも気を配りましょう。

冷たいものを避け、消化に良いもの(湯豆腐・ささみ・青菜など)を食べるようにしてください。

まとめ

内出血しやすいのは毛細血管が弱っているからだったとは・・・。母の加齢による衰えはしかたないとしても、まだ20代の私は生活習慣を見直す必要がありそうです(*_*)

確かに私はもともと冷え性でむくみやすい体質なので、毛細血管を強くするためにもっと意識的に血流を良くすることを考えていかないとです。

毛細血管の弱体化は老化にもつながりますので、内出血しやすいという人はこれを機に生活習慣の見直しをされてみてはいかがでしょうか(*^^*)

上記のことを実践しても、すぐあざができる・・・という人は、病気が原因の可能性もありますので、楽観視せず一度病院に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする