20代からでもできてしまうほうれい線の原因とは?

おばさんの代名詞とも言われるほうれい線。ほうれい線があると一気に老けた印象になってしまいますし、できるだけつくりたくないシワですよね。
そこで今回は若くてもできてしまうほうれい線の原因について紹介していきます。



スポンサーリンク


 

ほうれい線の基本的な原因としては肌のたるみがあげられますが、たるみの原因は一つではありません。

まず一つ目は表情筋の衰えです。
顔の筋肉である表情筋は皮膚に直接ついているため、いつも同じ表情ばかりしていたり、硬いものを食べなくなるなど筋肉を使う機会が減ることで表情筋が衰え、たるんできてしまいます。

二つ目の原因は、加齢や紫外線によるダメージにより肌の弾力やハリが失われることです。
ふっくらとした肌の土台となる真皮は、コラーゲンやエラスチンといった線維が網目状のネットワークをつくり肌の弾力をキープしています。それらが減少・変性すると真皮が衰えたるんでしまうのです。

そして三つ目は皮下脂肪の増加や減少です。
脂肪が増えることによって脂肪を支えきれなくなってたるんでしまったり、急激なダイエットによっても皮膚がたるんでしまいます。

以上3つの原因は加齢によることが大きいですが、20代でほうれい線ができる原因としては主に乾燥があげられます。お肌の一番外側の表皮が乾燥することで小じわができてしまい、それが悪化していくとたるみの原因となる真皮にまで影響を与えてしまいます。

ですから、若いうちからほうれい線をつくらないようにするためには、

・乾燥させないこと

・紫外線対策などお肌のケアを怠らないこと

・表情筋を使う意識をすること

以上のことを意識しながら生活することが大切です。
深いしわが刻まれてしまう前に、若いうちから気を付けていきましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする