敏感肌=乾燥肌?毎日の簡単ケアで敏感肌を改善する方法

日々のちょっとした刺激で肌が赤くなったりかゆみがでたりしてしまう敏感肌

新しい化粧品を使いたくてもピリピリして合わないから、いつも同じものしか使えない!

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

生まれつきだと思われがちな敏感肌ですが、実は生活習慣や日々のちょっとした行動を改善することで症状を良くすることができるのです。



スポンサーリンク


 

敏感肌ってどんな状態なの?

そもそも敏感肌とは、簡単に言うと細菌やほこり、紫外線などの外部の刺激から私たちを守ってくれるはずの肌のバリア機能が弱ってしまっている状態のことです。

このバリア機能が弱ってしまう原因は、アレルギーなどの生まれつきの体質のほかにも、乾燥などの外部的な要因も大きいのです。

敏感肌の原因とは?

冬や夏のエアコンにより肌が乾燥することが一番大きな原因ですが、ほかにも加齢による様々な機能の衰え合わない化粧品やボディソープを使い続けることによって受けたダメージが蓄積されることによっても肌が刺激に敏感になります。

また、紫外線ケアを怠ったり、からだをかいたりすることでも肌が傷つき敏感肌になりやすくなります。

皮膚は、外側から表皮真皮皮下組織の3つの層からできていますが、この表皮の一番外側を覆っている角質層肌の水分が逃げるのを防ぐとともに、外からの刺激をブロックするバリア機能を備えている部分のため、日常的に外部からダメージを受けやすくなっているのです。

乾燥することでバリア機能が低下するだけではなく肌にかゆみも出ますし、かゆくてひっかくことによって肌が傷つき、細菌なども入りやすくなってしまいます。

それによって余計に刺激にも敏感になり、最終的には敏感肌になってしまうのです。そうならないために、肌を乾燥から防ぐことが何より重要なのです。

改善方法

日常的にダメージを与えてしまいがちなシーンとしてはお風呂があげられます。

からだを洗う際にゴシゴシこすってしまうとそれだけで角質層を傷つけてしまいます。

からだを洗う際は泡で洗うようなイメージで優しく洗ってください泡で洗うことで肌を傷つけず汚れだけを上手に落とすことができます。

また、シャワーやお湯につかるときには少しぬるめのお湯を使うのがオススメです。

熱すぎると肌に必要な皮脂までとられてしまうので、肌が余計に乾燥してしまいます。

乾燥を防ぐために保湿効果のある入浴剤を使ったり、お風呂あがりには保湿クリームをつけたりするなどして、水分が逃げるのを防ぎましょう。

お風呂上りは皮脂の膜がとれて乾燥しやすい状態になっているので、できるだけ早くケアをするのが効果的です。

そしてケア用品を選ぶポイントは保湿の持続性の高いものを選ぶことです。

せっかく水分を補給してもすぐ蒸発してしまったら意味がありません。

人間がもともと持っているアミノ酸セラミドなどを補うような保湿効果が高いものが良いでしょう。

その他にもボディソープやシャンプーなどは、洗浄力が高すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうので、肌に優しいものを選ぶようにしてください。

まとめ

肌が生まれ変わるのに通常1か月程度かかりますので、継続してケアを行うことが大切です。

また、規則正しい生活を送ることも健康な肌を作るためには必要不可欠ですので、普段の生活習慣も見直しつつ、毎日のケアを頑張ってみてください。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする