ラッシュの俳句で実際にメイクを落としてみた!使い方は?洗顔は必要?

毎日のスキンケアの中で一番肌に負担をかけると言われているクレンジング

少しでも肌に優しいものを選びたい!

と思って見つけたのがLUSH(ラッシュ)の「俳句」という名前のクレンジングクリームです。

クレンジングなのに保湿もできる!
毛穴がキレイになった!

と話題になっていたのですが、

メイクが落ちない
べたべたする

という口コミもありました。

そこで今回は、私が実際に使ってみた感想やメイク落ち、肌への優しさなどを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ラッシュの俳句はどんな商品?

LUSHとは食品・植物等天然成分主体の自然素材を使った化粧品・入浴剤メーカーです。

そこで販売されている「俳句」はアーモンドオイル、ローズウォーター、ミツロウ、ハチミツなど、古来より世界中で愛され続けている自然由来の原材料を使ったクリームタイプのクレンジングです。

俳句

1,590円/45g
2,940円/95g

余分なものが入っておらずとても肌に優しいのに、メイクや毛穴の汚れもスッキリ落とすことができるという優れものです。

原材料

アーモンド油、水、ミツロウ、ハチミツ、グリセリン、オリーブ果実油、ダマスクバラ花エキス、アンソッコウエキス、キク花エキス、プロピルパラベン、メチルパラベン

アーモンドオイルはビタミンEが豊富で、潤いを保ち、お肌を柔らかくなめらかにする働きが期待できます。

ハチミツは栄養価が高いだけではなく、抗菌作用、殺菌作用、抗酸化作用、防菌物質を含んでいることが証明されており、与えた潤いをしっかり保ち、お肌を清潔に保つ働き持ちます。

ダマスクローズエキスは、乾燥したお肌に潤いを与えて落ち着かせ、キメを整え、ハリを与える働きが期待できます。

使い方

LUSH公式HPでは、

適量を顔全体になじませ、汚れやメイクを浮かせた後、温かいお湯で湿らせたコットン蒸しタオルで拭きとります。

小鼻の黒ずみが気になる時は、少し多めに取り優しくクルクルとマッサージしてから拭き取るのがおすすめです。

と紹介されています。

よくある水で洗い流すタイプのクレンジングとは違い、クリームの油分となじませて浮かせたメイクを拭き取るという作業が必要になります。

少し面倒に感じますが、浮かせた汚れを自分で拭き取るタイプのクレンジングの方が実は肌への負担が少ないのです。

なぜなら、油性のメイク用品を落とすには油分が必要になりますが、油は本来水とはなじみません。

それをなじませて(乳化)水で洗い流されるようにする役割を担っている界面活性剤は、実は肌への負担が大きいのです。

水ですぐ洗い流せるオイルタイプなどは界面活性剤がたくさん含まれているので、その分肌への負担が大きいと言えるのです。

テクスチャー

テクスチャーはわりと硬めです。

俳句

指ですくうとボディバターのような感じですが、顔に塗ってくるくるなじませていくと柔らかくなってきます。

香り

表現できないようなちょっと不思議な香りです(笑)

ただラッシュの他の商品に比べて香りはかなり控えめなので特に気になりません。

実際に使ってみた

実際にきちんとメイクが落ちるのか試してみました。

まずこちらが使用した化粧品一覧です。

化粧品

BBクリーム   (マキアージュ)
コンシーラー (キャンメイク)
アイブロウ  (エクセル)
アイライナー (インテグレート)
アイシャドウ (インテグレート)
マスカラ   (デジャブ)(水で落ちるタイプ)
チーク    (キャンメイク)
リップティント(オペラ)

各パーツごとの画像はこちらです。

目元

目元アップ

目元(閉)

チーク

唇

なじませる

割ときちんとメイクしているので、大体このくらいの量を指ですくい(がっつりメイクの日はもうちょっと多くてもいいと思います)、

俳句

顔になじませていきます。

クレンジング

クレンジングの時にクリームが少ないと摩擦が起こり肌への負担になってしまうので、足りなかったら付け足しましょう。

クレンジングをするときは、比較的皮膚の強いTゾーンからのせていきます。そのあと顎のあたりのUゾーン、最後に最も皮膚の弱い目元口元となじませていきます。

ゴシゴシせずにできるだけ優しく、スピーディに(目安は1分)行ってください。

参考:正しいスキンケア辞典

割としっかりしたテクスチャーなので伸びるか心配だったのですが、意外にするっと伸びてメイクとなじませやすかったです。

肌への刺激は全くなく、保湿クリームを塗っているような感じです。

拭き取り

目元などもすべてなじませ終わったら、化粧水(もしくはお湯)をつけたコットンで拭き取っていきます。

化粧水をつけたコットン

拭き取りも肌への負担にならないように、できるだけ優しく行いましょう。

拭き取り

コットンを見てみると結構落ちてますね。

メイクを拭き取ったコットン

今回は実験のために顔の半分だけ拭き取りをしているのですが、顔半分でコットン2枚を使いました。

メイクを拭き取ったコットン

顔全体を拭き取るなら3、4枚は必要ですね。

そしてこちらが拭き取り後の画像です。

目元

目元

目元(閉)

頬

※少し赤っぽく見えますが、チークではなくもともとの頬の赤みです。

口元

唇

目元のアイラインとマスカラが落としきれていませんが、それ以外はきちんと落とすことができました!

メイク残り

アイラインの目尻部分は落ちているのですが、まつ毛の際に引いた分が残っています。(マスカラはお湯で落ちるタイプなので、クリームはほとんどなじませていません)

クレンジング力が弱いというより、指でなじませにくい部分が落としにくい感じですね。

目元などは専用リムーバーを使った方がいいかもしれません。

マツエクには特に影響はありませんでした。

洗い流し(すすぎ)ちゃダメ?

そしてこの状態でお湯で洗い流せるのか試してみました。

顔の左半分は拭き取りをしていない状態なのですが、思った以上に水をはじきました!(笑)

しっかり油膜が張っている状態なので全然水となじみません(@_@)

さすがにべたべた感がすごいので濡らしたタオルで軽く拭き取ったらこんな感じです。

メイク自体は落ちているみたいですね。

洗顔は必要?

浮いてはいるものの肌にメイクが残っている状態なので、しっかり拭き取りをしないのであれば、クレンジング後洗顔をした方が良さそうです。

実際私のように拭き取りが面倒くさいというズボラな方は(笑)、軽くタオルで拭いた後洗顔しちゃえばメイクは落ちるので、洗顔さえすれば拭き取りはそんなにちゃんとやらなくても大丈夫なんじゃないかなと思います(。-∀-)

スポンサーリンク

使ってみた感想は?

最初はこんな硬いクリームで本当にメイクが落ちるのかな~と心配だったのですが、実際コンシーラーやアイシャドウともすぐなじんだのでびっくりでした。

私はクマがすごいのでコンシーラーが必須なのですが、洗浄力の弱いクレンジングを使うと目の下の細かいシワに入り込んだファンデやコンシーラーがなかなかとれなくて残っちゃうんですよね。

ですが俳句は軽くなじませただけできちんと落ちたので感動でした!

そして本当に保湿クリームのようなクレンジングなので、拭き取りをした後もクレンジング特有のツッパリ感が全くなく、むしろスキンケアしたてのモチモチ肌になったのも良かったです。

拭き取りの手間がネックではあるのですが、肌に優しい成分で作られているのにきちんとメイクは落ちるので、乾燥肌の方には特にオススメだと思いました。

コスパはいい?

今回購入したのは1,590円の小さい方ですが、この量だと毎日きちんとメイクをされている方だとすぐなくなってしまうかなという印象です。

やはりドラックストアで売っているようなクレンジングと比べたらコスパは良くないと思いますが、肌への優しさを考えたら高くはないかなと思います。

肌に合うのがわかったら大きいサイズの方を購入した方がいいですね。

まとめ

ラッシュのクレンジング「俳句」は自然素材を使った肌に優しいクリームタイプのクレンジングです。

拭き取りの手間はかかりますが、メイクはきちんと落ちますし、つっぱらずモチモチ肌になるで乾燥肌の私には合っているかなと思いました。

お肌のためにしばらく使い続けてみます(^^♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする