ハウスオブローゼの目元用ファンデで目の下のクマは隠せるのか試してみた!

子供の頃から呪われてるのか(゚д゚)!というくらい目の下のクマがひどい私。

コンシーラーが必須なのですが、最近年のせいもあって目元の小じわもひどくなってきました。

特にコンシーラーを塗って時間が経つと、ひび割れのようになってきて大変なことに。

クマを隠したいけどコンシーラーを塗ると乾燥するし・・・

と悩んでいた時に

ハウスオブローゼの目元用ファンデが保湿力抜群で良い!

との口コミを発見。

その名もアミュールシフォンG-メイクブライトナー

早速使い心地を試してみました。

スポンサーリンク

アミュールシフォンG-メイクブライトナー

ハウスオブローゼで販売されているアミュールシフォンとは、お肌を守りながらシフォンのような美肌に育てるスキンケア発想のベースメイクラインです。

その中のG-メイクブライトナー(2,000円+税)は目元など細かい部分にピンポイントで使える筆ペンタイプの部分用ファンデーションです。

アミュールシフォンG-メイクブライトナー

スキンケア発想のラインだけあって

  • 保湿力の高いセラミド
  • レチノイン酸トコフェリル(ビタミンA誘導体で刺激性がなく、レチノールより安定性に優れている)
  • カレンデュラエキス(トウキンセンカ花エキス)
  • ローズマリーエキス(保湿成分)

などの美容成分がたっぷり含まれているのが特徴です。

特に注目すべきはセラミドで、目元は顔の中でも特に乾燥しやすい部分なので保湿成分はめちゃくちゃ大切なんですね。

メイクしている時でも保湿ができちゃうなんてまさに一石二鳥です。

さらに

  • 無香料
  • 無鉱物油
  • アルコールフリー

なのでお肌が弱い方でも安心です。

実際に使ってみた

目元用ファンデ、アミュールシフォンG-メイクブライトナーを実際に目元に使ってみました。

まず何もしていない状態がこちら。

目の下のクマ

ちなみに8時間以上しっかり寝てこんな感じです(笑)

ではさっそく使っていきたいと思います。

G-メイクブライトナーは筆ペンタイプなので筆と反対側を2、3回カチカチ回すと液が出てきます。

アミュールシフォンG-メイクブライトナー

アミュールシフォンG-メイクブライトナー

色は明るめなナチュラルベージュといった感じですかね。

アミュールシフォンG-メイクブライトナー 色

どちらかというとピンクよりです。

では早速目元に塗っていきたいと思います。

カチカチして液が出てきたらそのまま目の下に斜めに塗っていきます。

アミュールシフォンG-メイクブライトナー 使い方

上まぶたのくすみもきになるのでそこにもさっと塗ります。

アミュールシフォンG-メイクブライトナー 塗り方

塗ったら指で優しくなじませていきます。

アミュールシフォンG-メイクブライトナー 伸びアミュールシフォンG-メイクブライトナー 肌なじみ

柔らかめのテクスチャーなので伸びも良くなじませやすいです。

一通りなじませ終わったらこんな感じ。

アミュールシフォンG-メイクブライトナー 使用後

普通のファンデーションやコンシーラーと違ってすごいしっとりしていますね。

ぺたぺたするくらいです!

(実際はしてないんですけど感覚的にそんな感じです!(笑))

朝メイクした後空調の効いた部屋で1日中仕事しても乾燥を感じませんでした。

これはお肌にも良さそうです。

アミュールシフォンG-ブライトナーのカバー力は?

正直カバー力はそんなに高くはないですね。

こちら↓がすっぴんの時と目の周りにアミュールシフォンG-ブライトナーを使用(2回塗り)した時の比較画像ですが

<すっぴん>

目の下のクマ

<G-メイクブライトナー2回塗り>

アミュールシフォンG-メイクブライトナー カバー力

もちろん目元の印象はかなり良くなってますが、クマを完全に隠すとまではいきませんでしたね。

くすみなら上手くカバーできると思いますが、頑固なクマを隠すほどのカバー力はなさそうです。

ただ、カバー力よりも時間が経っても乾燥しない保湿力の高さがG-メイクブライトナーの最大のオススメポイントなんです。

いくらカバー力が高くても、時間が経つにつれ乾燥してひび割れてきたら意味ないですからね。

クマも恥ずかしいけど目の下がひび割れてしわしわなのもかなり恥ずかしい・・・!!

G-メイクブライトナーは保湿力抜群なので、笑った時の目尻や目の下の小じわも目立ちませんでした

アミュールシフォンG-メイクブライトナー 小じわ

なので私は化粧下地やBBクリームなどを目の周りには塗らず、G-メイクブライトナーを下地として目元に塗って、その上にコンシーラーを使うようにしています。

化粧下地やBBクリームは化粧崩れ防止のために皮脂を抑える作用がある場合も多いので、それを目元に使ってしまうと乾燥の原因になってしまいます。

目の周りは保湿力の高いアミュールシフォンG-ブライトナーを土台にしつつ、足りないカバー力をコンシーラーで補うとクマとシワ両方をカバーできます。

ちなみに私が使っているのはアイプリン というリキッドタイプのコンシーラーです。

アイプリン

この2つを合わせて使うようになってから、いかにもコンシーラー塗ってますというような白浮き感はなくなりました。

まとめ

ハウスオブローゼの目元用ファンデ、アミュールシフォンG-メイクブライトナーはカバー力はそんなに高くないものの、使用感の良さと抜群の保湿力が魅力の商品でした。

目元の乾燥がひどい私にとってはまさに救世主といった感じですね。

伸びも良くささっと塗れるので、ちょっと出かけるだけの時には目の周りにだけG-メイクブライトナーを塗るようにしてます。

美容成分もたっぷり入っていて目元の皮膚への負担も少ないので、これ以上目元を老化させないためにも使い続けようと思っています。

アミュールシフォンG-メイクブライトナーはハウスオブローゼの公式サイトから購入できます。

↓   ↓   ↓

ハウスオブローゼ公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする