ブラックティーとはどんな紅茶?カルディのGSブラックティが美味しすぎる!

前回紹介したキャンディスと同じくらい話題になっているカルディのGSブラックティ

お家で簡単にお店の味が楽しめると評判です。

これは紅茶好きの私としては試さずにはいられない!

ということで早速買ってきたのですが、

そもそもブラックティーって普通の紅茶とは違うの?
どうやって飲むの?

と色々気になることが。

そこで今回はブラックティーとはなんなのか、カルディのGSブラックティ(濃縮紅茶)の飲み方・アレンジ方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

ブラックティーとはどんなもの?

ブラックティーとは、ダージリンやアッサム、ウバ、ディンブラなどの茶葉をそのまま楽しむ紅茶のことを言います。

ミルクや砂糖を入れたりせずに、茶葉本来の味や香りを楽しむ飲み方で、紅茶の本場イギリスや海外では紅茶のことをブラックティーと呼んでいます。

オレンジティーやローズティーは茶葉に香りをつけたフレーバーティーになるので、イギリスでは紅茶(ブラックティー)とフレーバーティーは別物と考えられています。

日本では『ストレートティー』と表現されることも多いですが、イギリスにはストレートティーという言葉はなく、言っても通じないので注意しましょう。

ちなみになぜブラックなのかと言うと、紅茶の茶葉が緑茶と違って黒いことや、紅茶の本場であるイギリスは、紅茶を淹れるとタンニンが出た黒っぽい水色になるからだと言われています。

イギリスと日本では水質が違うので、日本で淹れると赤色が出るので、紅い茶紅茶となりました。

アールグレイはブラックティーではない

私も勘違いしていたのですが、紅茶の種類として有名なアールグレイは、アールグレイという茶葉があるのではありません。

アールグレイとはベルガモット(ミカン科の柑橘類)のフレーバーをつけた紅茶のことなので、アップルティーやピーチティーなどと同じフレーバーティーの一種となります。

つまりブラックティーではないんですね。知らなかった・・・(´・ω・`)

ベルガモットの香りをつけたものがアールグレイと呼ばれるので、ダージリンベースのアールグレイやアッサムベースのアールグレイなどがある、ということになります。

スポンサーリンク

カルディのGSブラックティを飲んでみた

コーヒーと輸入食品の店KALDI(カルディ)で売っているのが、こちらのGSブラックティ(濃縮紅茶)500ml税込み540円です。

カルディ ブラックティ

加糖タイプの他に低甘味、アールグレイ、レモン、アップルなどのタイプがあります。


GS ブラックティ 低甘味 500ml


GS ブラックティ アールグレイ 加糖 500ml

業務用食品の製造・販売を中心とした食品会社ジーエスフードが製造している商品で、スリランカ産セイロン紅茶を使用し、特殊製法により「色・味・香り」のバランスが良い希釈(薄めて飲む)タイプの紅茶です。

5倍希釈となっているので本品1に対し4の割合で水や牛乳を混ぜて飲むのが基本ですが、お好みに合わせて割合を変えられるのが濃縮タイプのいいところです。

一つ注意点としては蓋が栓抜きで開けるタイプのもの(王冠?)なので少し不便だということ!

カルディ ブラックティ

我が家ではとりあえずワインのコルク替わりのやつを蓋代わりにしました(笑)

飲み方いろいろ

まずは氷を入れたコップにブラックティを注ぎ、その後水を入れてアイスティーにしました。

アイスティー

本当にカフェとかで飲むアイスティーのような感じで美味しいです!

アイスティー

結構甘めなので甘いのが苦手な人は水を多めにした方がいいかもです。

次は温めた牛乳と混ぜてホットミルクティーに。

ミルクティー

これも結構甘い!でもめちゃくちゃ美味しい!甘めの紅茶が好きな私にぴったりです。

少量でも結構紅茶の香りと甘さが出るので、牛乳の割合をもっと多くしても良さそうです。

そして炭酸水と混ぜてスパークリングティーに。

ブラックティ 炭酸

ティーソーダ

炭酸と紅茶の組み合わせ自体初めて飲みましたけど、合いますね~!

これが一番サッパリしてます。

原液をそのまま使ってもOK

水や牛乳と混ぜて飲むのもいいですが、原液をそのままアイスにかけて食べるのもオススメ。

バニラアイスにかけたらめちゃくちゃ美味しかったです!!!

バニラアイス

ハーゲンダッツのロイヤルミルクティー味みたいな感じでした!これは私イチオシ!!

チョコアイスにもかけてみました(笑)

チョコアイス

チョコの味が強いですが紅茶の香りもちゃんとして美味しかったです。

ちなみに上にかけてるのは同じくカルディで買ったココナッツのチップスです。

ココナッツ

その他にも夏だったらかき氷にかけて食べるなど、シロップとしても使えます。

他にも紅茶ゼリーを作ったり、お酒を割るのに使ったりとアレンジの幅が広いのも魅力ですね。

まとめ

ブラックティーとは、砂糖やミルクを加えず茶葉そのものの香りや味を楽しむ紅茶のことだったのですね。

日本では紅茶というと赤いイメージがあるのでちょっと不思議な感じでした。

カルディのブラックティは本来の意味とは少し違う感じがしますが、手軽に本格的な紅茶を飲むことができるオススメ商品でした!

お値段もお手頃なので皆さんも是非試してみてください(*´ω`*)

ネットでも購入することができます↓


GS ブラックティ 加糖 500ml

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする