頬の毛穴が目立つようになってきた方必見!原因別改善法まとめ

昔は気にならなかったのに最近どんどん頬の毛穴が目立つようになってきて落ち込んでいる・・・そんな方はいないでしょうか?実は私もその一人です(笑)
以前は気になるのは小鼻の毛穴で頬の毛穴は気にしたことがなかったのですが、最近メイクする時に鏡を見ると頬の毛穴がはっきりとわかるようになっていてショックを受けました( ;∀;)
そこで今回は頬の毛穴が目立ってしまう原因と、原因別の対処法を紹介していきます。



スポンサーリンク


まず毛穴が目立ちには、大きく分けると

・毛穴が開いているまたは汚れて詰まってる

・毛穴がたるんでいる

の2つの原因があります。

皮脂が過剰に分泌されてしまうと常に毛穴が開いた状態になり、そこに皮脂や汚れがたまっていくと毛穴が詰まってしまいます。毛穴が汚れて詰まっていると触ると少しザラザラしている場合が多く、基本的には小鼻の黒ずみと同じ現象になります。ですから過剰な皮脂の分泌を抑制し今ある汚れを取り除くために、洗顔をきちんとする保湿をしっかりと行うのが基本の対処法となります。

この“洗顔をきちんとする”というのはゴシゴシ洗うということではなく、しっかりと泡立てた泡で優しく丁寧に洗うということです。
泡立てのポイントをこちらで紹介しているので興味のある方はご覧ください→泡立てネットがない時も!道具なしで簡単にもちもちクリーミー泡を作る方法

そして毛穴が詰まっている方に多いのが、汚れを気にするあまり洗いすぎていたり、皮脂を気にして保湿が足りていないことで肌が乾燥し、余計に皮脂が分泌されて悪循環を招いているタイプです。また、角質ケアやピーリングをやりすぎてしまうと、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の期間が早まってしまうことで、肌のバリア機能が弱まり新たな肌トラブルを招いてしまします。肌をしっかり保湿し、乾燥から守ってあげることで徐々に正常な皮脂の量に戻っていきますので、正しい洗顔、保湿ケアを頑張っていきましょう。

そして、もう一つの原因毛穴のたるみですが、年をとるごとに毛穴が目立つようになってきたという方はおそらくこちらが原因だと思います。加齢や紫外線による刺激によって、コラーゲンやエラスチンとそれらの間を埋めるヒアルロン酸が減少し、肌の奥にある真皮層が緩んでしまします。それにともなって肌の水分保持力が低下してしまうので肌のハリがなくなり、毛穴もたるんできてしまうのです。

たるんだ毛穴はしずく型のように縦長になっているのが特徴で、皮膚を少し上に持ち上げると目立たなくなります。私の場合まっすぐ下がっているのではなく、毛穴が顔の外側に向かって斜めに伸びています。

 

エステ体験の時に指摘されたように、クリームや化粧品を塗るときに皮膚にひっぱる力が加わり、キメが流れている結果だと考えられます。自分では優しく伸ばしているつもりでしたが、毎日の積み重ねが毛穴やキメを流してしまっていたのですね( ;∀;)

真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸の水分を補うためには、基礎化粧品による保湿ケアだけではなく美容液によるプラスのケアも必要になります。

傷んだ皮膚細胞を正常に修復する「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などの抗酸化物質を含んだ美容液を使用するのが良いでしょう。

また、肉や魚などのタンパク質緑黄色野菜をとることもオススメです。タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、野菜からも抗酸化ビタミンが同時に取り込まれることで、真皮層のコラーゲンを作る原料になります。

そしてこのたるみ毛穴のやっかいなところは、たるみが進行し、連結してしまうことで小ジワのような状態となった帯状毛穴になってしまうことです。帯状毛穴になってしまうのは、たるみ毛穴と同様に真皮層の潤い不足と共に肌表面の角質層の乾燥やキメ、ターンオーバーが乱れていることも原因のひとつです。

この帯状毛穴を改善するためには保湿ケアが必須になります。角質層の潤いを逃がさない働きをする「セラミド」と「ヒアルロン酸」が配合された製品を使うと良いでしょう。角質層の潤いを満たし、キメを整えることで小ジワの予防ができます。

どちらの毛穴トラブルも、上記で紹介したケアに加え生活習慣を正すことも必要です。不規則な生活はターンオーバーをの乱れを引き起こし、良い肌状態への生まれ変わりを阻害してしまいます。上記で紹介したケアを取り入れつつ、日常の生活習慣にも気を配り頬の毛穴目立ちを改善していきましょう。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする