2018年、祝日が土曜日とかぶるのは何日?土曜に振替休日がない理由

社会人の方や学生さんにとって嬉しい祝日

休みが増えてラッキーなのですが、問題なのは土日など普段から休みの日に祝日がきた場合です。

祝日のルールとして振替になるのは日曜日に祝日がきた場合のみ。

つまり土曜と祝日が重なっても振替にはならず、貴重な休みが1日減ってしまうのです!

これはゆゆしき問題・・・!

そこで今回は、その事実を直前に知ってショックを受けないように2018年、2019年、2020年の祝日事情を見ていきます。

スポンサーリンク

ズバリ2018年土曜日に祝日がくるのは3日!

2018年祝日が土曜日とかぶっているのは

5月5日(土)こどもの日

8月11日(土)山の日

11月3日(土)文化の日

3日です。現在祝日は1年に16日あり、そのうちの3日消えてしまうということなので、2018年の祝日休みは実質13日ということになります。16分の3は大きい・・・。

5月5日はゴールデンウイーク、8月11日はお盆時期とかぶっているので、もしかしたら気付きにくいかもしれませんが、私の目はごまかせません。

なぜなら私は会社に行きたくなさすぎて毎日のようにカレンダーを見て祝日をチェックしている女だから!

2017年

ちなみに2017年は

2月11日(土) 建国記念日

4月29日(土) 昭和の日

9月23日(土) 秋分の日

12月23日(土) 天皇誕生日

と4日も土曜かぶりがありました。つらー!

みなさん頑張って乗り越えましたね!!

2019年

そして来年2019年は

5月4日(土)みどりの日

11月23日(土)勤労感謝の日

の2日です。やったー!かぶりが1日減った!

と思いきや、2019年には天皇陛下が替わられる年のため、現在の天皇誕生日12月23日が祝日になっていません。

現在の皇太子殿下のお誕生日は2月23日ですので2020年からは2月23日が祝日になると思われます。(皇太子殿下が新天皇に即位されるのは2019年の5月1日なので)

ですからそもそも年間の祝日日数が15日と今までより少ないのです。

よって土曜かぶりを入れると年間15-2で13日になるので2018年と同じです。

ぬか喜びだった・・・(´・ω・`)

・・・のはずだったのですが、2019年は改元に伴いゴールデンウイークが10連休になりそうなのです!!!

つまり休みが増える!!!

詳しくはコチラの記事に詳しく書いていますのでよかったらご覧ください。

>>元号変更のタイミングってどうやって決めるの?改元で10連休になるってほんと?

2020年

2020年はなんと土曜かぶりなし!
祝日16日休みです!やったー!やっと損な気分から解放されますね。

でもここでちょっと疑問が・・・。

昭和天皇の誕生日4月29日が昭和の日なら、12月23日を平成の日として祝日にしないの?(そしたら祝日が年間17日になる)と思いませんか?私は思いました(笑)

ですが調べてみると、昭和の日はただ単純に天皇の誕生日だからという理由だけで定められたのではなく、ゴールデンウイークの一角である祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念さえるからという別の理由もありました。

ちなみに長くなるので割愛しますが、明治天皇のお誕生日11月3日は国民運動などの結果により祝日になっていますが、大正天皇のお誕生日は祝日となっていません。

このように誕生日という以外に別の理由があれば祝日として存続する可能性がある、ということなので、12月23が祝日になるかはまだわかりません。

<関連記事>

>>元号変更で現在の天皇誕生日は祝日じゃなくなる?過去の経緯から考えてみた

スポンサーリンク

そもそも祝日のルールって?

内閣府によると国民の祝日には3つのルールが定められています。

1.「国民の祝日」は、休日とする。

2.「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

3.その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

(国民の祝日に関する法律第3条)

つまり、簡単に言うと

祝日はお休みで、

日曜に祝日がきたら一番近い平日が振替で休みとなり、

祝日と祝日に挟まれた平日も休みになる

ということです。

ちなみに2007年の法改正で5月4日が祝日になってからは、3のルールが適用される状況はめったに起こらなくなりました。

土曜日も振替休日にする法律はできないの?

実は2012年民主党政権時代に土曜日に祝日が来た時も振替休日にする法案が考案されたのですが、結局実現はされていません。

日曜日が商慣習上休日として扱われることが多いことから、日曜に振替休日を適用するよう1973年に法改正がなされた経緯を考えると、現在は土日が休日として扱われることが多い以上、祝日が土曜日と重なった場合にも振替休日を設けることが「国民の祝日に関する法律」が祝日を設けた趣旨にかなうと思うのですが、政治家のみなさんどうでしょうか?(笑)

働き方改革とかに入れてくれないかな・・・。

まとめ

2018年の土曜祝日かぶりは3日でした!ただでさえ貴重な休みが3日も消えてしまうと考えるととても悔しい気分ですが、こればっかりはどうしようもありません。

土曜も振替休日の対象となるよう期待するばかりです。

それより祝日のない6月に新しい祝日増やしてほしいですよね~。雨の日とか!
「雨の恵みに感謝する日」よさそうじゃないですか?(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする